HOME > 相続に関するQ&A

相続に関するQ&A

相続税ってどんな税金?

人が亡くなったとき、その人の財産(遺産は相続人、または遺言で指定された人に分配されるのが一般的です。
相続税は、その分配された財産にかかる税金です。

相続税はどれくらいかかるの?

相続税は法定相続人が多いほど負担は軽くなります。
また、配偶者が取得した財産は、ほとんど相続税がかからない仕組みになっています。

相続税はすべて財産にかかるのですか?

有形、無形にかかわらず、一部の非課税財産を除いてほとんどの財産が相続税の対象となります。

父親が株式を残して亡くなりましたが、株式はどのように評価されますか?

株式は証券取引法で売買されているもの(上場株式)とそうでないもの(非上場株式)とで評価方法がことなります。

上場株式

非上場株式

(株式の持株割合)と(発行会社の規模)によって評価方法は決められています。具体的には相続税財産評価基本通達に定められています。

財産はどのように相続されるのですか?

被相続人の財産を相続する人を相続人といい、民法ではその範囲(相続人)や相続できる順位、財産の取得割合が決められています。

遺言は文章にしておくだけで良いのですか?

法律上の要件を満たした文章による遺言でなければ、法律上の効力はありません。また、内容については誤解が生じないように書く必要があります。

代表的な遺言の種類

1. 自筆証書による遺言

2. 公言証書による遺言

3. 秘密証書による遺言

きちんと遺産を残すには?

妻と子供(二人)がいます。子供に妻のことを頼みたいので、法定相続分よりも多く財産を残してやりたいのですが、どうすれば宜しいでしょうか?

相続人のうち特定の人に多くの財産を残したいとき、あるいは相続人以外の人に財産をのこしたいときは遺言書を活用するとよいでしょう。