HOME > 相続を専門家に依頼するメリット

相続を専門家に依頼するメリット

相続を税理士に依頼するメリット

相続を専門家に依頼するメリットのイメージ

相続税は税率が高いため、税理士の能力によって大幅に納税額が変わってきます。
一般的に税理士は、会社の経理や税金に関する相談を受け、法人税の申告書作成等の業務を主に行っています。言ってしまえば会社専門の税理士です。

一方、相続は、まず相続の手続き自体が複雑で、家族構成や状況によっても異なり、資産の評価も担当によって評価額が異なります。
財産評価次第で数百万から数千万円も納税額に差が出ることも少なくありません。会社の税金と違い、相続に関しては、その税理士の能力によって税金も変わってきます。
そのため、相続申告料金の費用や、既存の付き合いがあるという理由で相続申告の依頼先の判断をすると思わぬ損失を被る可能性があります。相続については相続専門の税理士に相談する方がいいでしょう。

税理士を選ぶポイント

相続に関して実績、経験豊富な税理士を選択

相続に関しては相続業務に経験があるかないかで、節税範囲やスムーズに争族手続きができるか否かが変わってきます。
誰しもが受け継ぐ遺産に対して節税はしたいものです。節税の対策は税理士の腕によって顕著にでますので、相続の手続きは相続に実績のある税理士を選びましょう。

土地の評価を行ってくれる。

土地等の不動産の評価は相続につきものです。この不動産の評価に関しては適正な評価が必要になりますので、実績のある事務所や不動産鑑定士と密に繋がりのある事務所選びをしましょう。

二時相続の準備をしてくれる

相続が発生した後に、相続人である配偶者が亡くなることを二次相続と言います。配偶者への税額軽減特例によって、節税ができますが二次相続を考えると、必ずしもこの特例を適用しないと行けないわけではありません。第一相続の時点でこの一次相続を考えておくことで節税範囲も異なってきます。

税務調査の事までしっかりアドバイスしてくれる

税務調査は、毎年およそ14,000件ほどを調査を対象としています。しかもそのなかの約85%が申告漏れになっており、ほとんどの方が申告ミスをしているケースが多い場合があります。税務調査で指摘される申告漏れは珍しくありません。そうならない為にも、この税務調査を見据えた専門家にしっかりと相続対策を依頼する必要があります。