小畑会計の相続ブログ

2013年9月25日 水曜日

最高裁判断に基づく取り扱いの変更

こんにちは、浜松市浜北区の税理士 五日市一弥 です。



以前から注目されていた裁判について、平成25年9月4日に最高裁判所の

判断がありました。

内容は、非嫡出子の相続分を嫡出子の相続分の半分、としている民法の

規定は憲法違反(『違憲』)であるというものです。


非嫡出子とは正式な婚姻関係が無い男女の間に産まれた子供のことを

いいます。


例えば、ある女性に2人の子供がいるとします。

1人目の子供は独身時代に出産しシングルマザーとして育てていた。

その後結婚し、夫との間に2人目の子供を出産した。

その後夫は死亡し、3人で生活をしていたが、母親である女性が死亡。

相続人は子供が2人。



女性から見ればどちらもお腹を痛めた実の子供であることに間違いは

ありませんが、この場合の相続分は、非嫡出子とされる1人目の

子供が3分の1で、2人目の子供が3分の2という結果になります。


裁判自体はまだ続きますが、この判断にともない国税庁からは下記の

ような取り扱いの変更が発表されました。

① 平成25年9月5日以後に提出する相続税申告においては、
   非嫡出子と嫡出子を平等に扱う

② 過去に提出した申告について財産漏れなどが発覚したことにより
   平成25年9月5日以後に、修正申告などをする場合も平等に扱う

③ 過去に提出した申告について、この判断だけを根拠とした
   更正の請求(納めた相続税を返してもらう手続き)は認めない


※簡略化していますので、詳しくは国税庁のHPをご覧ください

最後の③については、違憲判断とともに『確定的なものとなった法律

関係に影響を及ぼすものでない』という文言が付け加えられたことに

よります。



"最高裁判決" = "もうどうしようもない決定事項" という印象を

受けますが、社会の変化に伴ってその判断が変わることがある、

ということを実感できた事例でした。









投稿者 小畑裕之税理士事務所