小畑会計の相続ブログ

2012年10月30日 火曜日

相続税の増税は問題か?

こんにちは、浜松市浜北区の税理士 五日市一弥 です。


前回は相続税の増税予定について簡単に触れました。

税理士が書くブログですから、増税の話をするのであればそれに対するスペシャルな対策をここで披露するのが本来かもしれませんが、ちょっと別の話をさせてください。

相続税の納税をしている人は4.2%で、それを6%まで増やすのが目標と前回書きました。
ではその差分の約2%に該当する人たちの納税額(負担)がどれくらいになるのか、ということについてです。


おそらくこの人たちの課税財産は1億円以下が大半と予想されます。現行制度でこの範囲の納税額の合計が約150億円、負担した相続人の数が約2万7千人となっているので、単純平均で一人あたり約60万円を負担していることとなります。(国税庁発表の統計資料より)
計算がかなり稚拙ではありますが、実際に相続税の申告書を作成する中で、一人あたりの納税額が100万円を超えない事例は多々あります。

しかし、相続税が発生するくらいの財産がある場合、現預金がそれなりに残っていることがほとんどです。
例えば、1千万円の預金を相続して相続税を60万円納めるのだとしたら、これは大きな問題といえるでしょうか。


もちろん普段の生活から考えると60万円は決して少額ではありませんし、簡単な対策をすることでその納税額を減らすことができるのであればそれはやるべきことでしょう。

でもそのときに、節税ばかりに気がいってしまい他の相続人と揉める火種を作ってしまうと、数十万円の節税と引き換えに親族同士で争う、という最も哀しい状態を招くことになってしまいます。


──────────────────────────────
12月6日に相続に関するセミナーを開催致します!!

詳細は近日中にご連絡いたします。ブログでは書けない事例も交えて、
司法書士の方と二人でお話しさせていただきます。
──────────────────────────────







投稿者 小畑裕之税理士事務所