小畑会計の相続ブログ

2012年6月12日 火曜日

職場に「なごみ」足りてますか?

 こんにちは、浜松市浜北区の税理士 小畑裕之 です。

 連日、黙々と仕事に打ち込み、自分に厳しく働いていたら、なんだか社内がピリピリムードに......という経験はありませんか?

 休憩を一切取らないなどストイックすぎる姿勢は、存在そのものが周囲にプレッシャーを与えてしまい、場合によっては、仕事を無理強いしているようにとらえられることもあるようです。

 ストイックに仕事に打ち込めば、社員もついてきてくれるはず......と思って頑張っているのに、真剣すぎる姿勢が職場の空気を悪くしてしまうこともあるとしたら悲しいこと。仕事への前向きな姿勢はそのままに、周囲のムードをよくするためには、自分の行動が社員に対して不要なプレッシャーになっていないか、客観視してみることも必要です。

 そして何事もメリハリが大切。今まで「自分に休憩は必要ない!」と仕事をしていた人も、仕事の効率を上げるため、仕事を円滑に進めるための"生産的な休息"をとってみてはいかがでしょうか。習慣化すると効果を失いますが、時に「ご苦労様」と声をかけて差し入れなどをすれば、自然と笑顔も生まれ、人間関係も潤うはず。

 忙しい時こそ笑顔を忘れず、社内のピリピリムードを和らげて自分もホっとひと息つける、そんな「なごみタイム」を積極的に持ちたいものです。


投稿者 小畑裕之税理士事務所