小畑会計の相続ブログ

2012年3月30日 金曜日

新しい年度が始まります

こんにちは、浜松市浜北区の税理士 小畑裕之です。

 官公庁では4月から新年度が始まり、新しい制度や施策の多くがスタートします。企業においては4月に行わなければならない事務がいろいろあります。主な事項は以下のとおりですので、漏れがないように確認しておきましょう。

  (1)社員の入社や退社があった場合、社会保険、労働保険の手続きを行う。

  (2)新入社員からは「扶養控除等異動申告書」を提出してもらう。扶養親族に異動があった社員にも同様に「扶養控除等異動申告書」を提出してもらい、賃金台帳を訂正する。

  (3)3月決算法人は株主総会や法人税の申告に向けた準備をする。

  (4)4月に昇給を考えている企業は、個人別昇給額が決定次第、給与計算の基礎金額の切り替えをする。
  
  (5)自社の予算(新年度)について再度確認する。なお、資金繰りについては常にチェックし、資金ショートしそうなときは早めに対応する。

  (6)4月から適用となる税制改正や自社の事業等に関係する法・制度改正を確認しておく。 
               
 小畑裕之税理士事務所では企業経営者の経営に関する悩みを解決できるよう、一生懸命お手伝いさせて頂きます。お気軽にご相談ください。

投稿者 小畑裕之税理士事務所