小畑会計の相続ブログ

2012年1月 5日 木曜日

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。 皆様方におかれましては、健やかに新年を迎えられたこととお喜び申し上 げます。今年も法律や制度の改正がいろいろと予定されています。実施が予定されている主な法・制度は以下のとおりです。

  ・1月:1月1日以降の保険契約について「介護医療保険料控除」が新設さ
          れ、「一般生命保険料控除」「個人年金保険料控除」の3つになりま
     す。また、それぞれの控除適用限度額が、所得税では4万円、個人
          住民税では2.8万円に変更されます。

  ・3月:適格退職年金が廃止されます。3月31日までに①厚生年金基金、②
          確定給付企業年金(基金型・規約型)、③確定拠出年金(企業型)、
          ④中小企業退職金共済へ移行するか、制度を廃止するなどの対応が
          必要です。

  ・4月:子ども手当が廃止され、児童手当が復活・拡充されます。また、6
      月から所得制限(その世帯の「主たる生計者」の収入で判断される)
          が適用されます。

  ・4月:消費税の改正により、課税売上高が5億円を超える事業者について
     は、「95%ルール」の適用が受けられなくなります。

今年は相続税については大きな改正はありませんが、小畑裕之税理士事務所は相続に関する悩みを何でも気軽に相談できる事務所を目指し、お客様のご要望に応えられるよう、一生懸命お手伝いさせていただきます。今年もよろしくお願いいたします。



投稿者 小畑裕之税理士事務所